たるみの多い肌になってしまう理由の一つに

たるみの多い肌になってしまう理由の一つに、コラーゲンや、エラスチンが少なくなることがあります。たるみを改善するためには、紫外線の防御が一番重要になります。お肌の健康状態を保つためのコラーゲンや、エラスチンは紫外線によって分解されてしまうので、肌に紫外線を当てないことはとても大事です。夏場の紫外線対策は多くの人が意識するところですが、春、秋、冬でも、太陽光は地表に到達していますので、紫外線予防は重要なことです。紫外線対策はたるみ対策に効果がありますが、たるみ改善の方法として、表情筋を鍛えることも大切です。あいうえおの5文字を、一音一音区切るようにして、はっきりと発音します。声を出したら5秒、筋肉の伸縮をそのままにすることで、刺激になります。たるみ対策のためには、1日5セットから10セット、この運動をします。表情筋を刺激して、鍛えていきましょう。表情筋を鍛えることで、たるみに対しての効果だけでなく、あまり使われなかった筋肉も動くようになるので、表情が豊かになり若々しく見えます。表情筋の血流がよくなることで、代謝も改善します。真皮層に存在するコラーゲンや、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きを、よりアップすることができます。体内から働きかけることによって、紫外線対策や、表情筋を鍛えるといった方法とはまた違ったアプローチでのたるみ改善も可能です。健康な肌を維持するためには、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。毎日の食事をふりかえってみて、栄養バランスがとれていない時はまず食事を見直し、改善しきれない部分はサプリメントで補うようにするといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ