サプリメントを使う人は多くなってきており

サプリメントを使う人は多くなってきており、健康づくりのためにサプリメントを常用する人は珍しくありません。現代の人々は食事の栄養バランスが悪く、特にビタミンやミネラルが不足している人が多くなっています。日頃の食事だけでは欠乏しやすい栄養素を確実に補給するために、普段からサプリメントを使っているという人は多いようです。健康や、美容など、体のためにサプリメントを利用しますが、時にはサプリメントが体によくない影響を及ぼすことがあるといいます。体に良いと思って飲んでいるサプリメントが、実は肝臓に負担をかけているかもしれないということをご存知でしょうか。多くのサプリメントには、保存性を高め、錠剤やカプセル型にするために、着色料や甘味料、保存料などが入っていることがほとんどです。自然界に存在するものを材料にしたサプリメントもありますが、中には石油から栄養素を合成しているサプリメントもあります。添加物や化学合成物はどちらも体には毒であり、体内に入った後に分解しているのは肝臓です。化学合成によってつくられた栄養素は、体内でうまく無毒にできないこともあり、身体的な負担は大きくなります。栄養補給にサプリメントを使う方法はとても利便性が高いですが、サプリメントは使い方によっては体にいいものではありません。健康のために使用しているサプリメントでも、栄養素よりも有毒なものを多く体に摂り込んでしまう可能性があります。体にいいはずのサプリメントが、肝臓機能に負担になっては元も子もありません。サプリメントを選ぶ時は、原材料や、含まれている添加物を、あらかじめ確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ